女性

化粧品や洗剤などに含まれる添加物からアトピー肌を守る

大事なメイク術

鏡を見る人

メイクをする際のシミ隠しとして、自分の肌の色に合うように混ぜ合わせて使えるパレットタイプのコンシーラーが人気です。コンシーラーを塗る際、肌との境界線の部分は指先を活用しトントンと叩くと綺麗に馴染みます。

もっと読む

素肌を美しく引き立てる

ファンデ

エアーファンデーションは、素肌を美しく引き立てる化粧品でありムラにならないように顔全体に円を描くようにスプレーすると良いです。重ね付けし過ぎないことも大切なので、他の化粧品も上手く組み合わせることも大事になります。

もっと読む

マツエクでできる方法

女性

毎日つけまつげをつけずにすんだら、どんなに楽になるだろうと思っている女性が多いわけですが、そんな悩みを解決してくれるのがまつげエクステです。 サロンへいかなくても、通販でマツエクのセットを買って自分でやれば安くすみます。

もっと読む

肌のバリア機能と化粧品

洗剤

肌が弱い人のなかには、メイクを諦めている人もたくさんいます。その理由としては、肌が炎症を起こしているところに化粧品が触れることでさらに刺激となって症状が悪化してしまうことを懸念していることがあげられます。たしかに化粧品は肌に直接触れるため場合によっては刺激になってしまうこともあります。しかし、化粧品に含まれる成分によっては、肌に優しく作られているものもあります。敏感肌・乾燥肌・アトピー性皮膚炎の肌に共通しているのは、肌のバリア機能が低いことです。本来外部からの刺激に対して肌を守る働きをしますが、バリア機能が低いと刺激を受けやすく赤みやかゆみを引き起こしてしまいます。このバリア機能を高めるためには、しっかりと水分を与えて保湿を丁寧におこなうことが大切です。

アトピー性皮膚炎や肌にトラブルがある人でも安心して使うことができる化粧品があります。商品には中に含まれている成分を示す表示がされています。成分表示を見ることで、商品に含まれている成分を知り自分の肌に刺激になるものが入っていないかどうかを調べることができます。肌に優しい化粧品の多くは、添加物を使用していないのが特徴です。添加物とは、防腐剤・着色料・界面活性剤などの化学物質を示します。添加物は商品の内容を安定させるために使用されるものですが、自然由来のものではないため体には負担になる場合があります。化粧品はもちろん、洗剤や柔軟剤にも多く使われています。洗剤には、汚れを落とすために効果がある界面活性剤が含まれています。アトピー性皮膚炎のひとには、純石鹸成分の商品が人気があります。化粧品・洗剤・食品など、さまざまな商品に添加物は含まれています。アトピー性皮膚炎や肌荒れを改善するためには、化粧品や洗剤の見直しが必要です。